メイリオ, Meiryo, 明瞭? on Mac

メイリオ, Meiryo, 明瞭? on Mac for Microsoft

Windows Vistaで標準搭載された「メイリオ」フォント、後にXP用にも配布された、Windowsユーザー待望のアンチエイリアスがかかる日本語フォントだ。Macユーザーから見ると、一つ牙城を崩された感じだが、ようやく美しい文字がWindowsでも見れるのだから、個人的には大歓迎。だがWebで表示した際に問題があるフォントでもあり、Mac
OS X環境しか用意できない人は、メイリオを組み込んでみてチェックするべきかもしれない。

メイリオ on Mac

インストールはかなり簡単だが、ライセンスの問題もあるので個人的用途に限定すること。まず「メイリオ」フォントを手に入れる。ファイルはWindowsからもってきてもいいし、あまり大きな声では言えないが、「メイリオ」で検索すれば、かなりの数がヒットする。

ファイルをMacに持ってきたら、ダブルクリックでインストールする。これだけでMac OSへのインストールが完了だ。あとは、使っているブラウザの設定で標準表示フォントをメイリオに指定するだけ。Safariなら「環境設定」の中の「表示」で変更できる。

メイリオを見たことがある人なら、必ず感じるのが字幅の広さだろう。下のキャプチャ画面を見てもらうと一目瞭然なのだが、和文の字幅が異様に広く、欧文は普通。ここが「メイリオ」の最大の長所であり、短所だろう。字幅を広く取ることによって、かなり読みやすくなっているが、欧文と組み合わせた場合に違和感を覚えるし、通常のフォント(ヒラギノ角ゴシックやMS
Pゴシック、Osakaなど)の標準的の字形のフォントでサイトを閲覧してもらうように作られているサイトでは、レイアウトが大きく崩れる可能性がある。まぁ、しっかりとWeb標準を考えて作られているサイトならば、そのようなことはないはずだけれども。

メイリオ、ヒラギノ角ゴ Pro

何はともあれ、今後のWindows環境では「メイリオ」で表示させることが当たり前になってくるので、確認は怠らないほうが無難だ。Macオンリーなユーザーは気をつけるべし。

メイリオ標準のfont-family

「メイリオ」フォントがWindows環境でスタンダードに考えた場合の font-family を考えてみた。

* {
font-family: "Hiragino Kaku Gothic Pro", "ヒラギノ角ゴ Pro W3","Meiryo",
"メイリオ", "Osaka", "MS PGothic", "MS Pゴシック", sans-serif;
}

始めに考えたのが次のMac Officeに、「メイリオ」フォントが付属する可能性。これは相当高いだろう。先頭にメイリオを持ってくるのはできるだけ避けるべきで、個人的感想だが「ヒラギノ角ゴ
Pro W3」は相当美しい書体だと思っている。よって、これを殺すには惜しすぎるので、font-familyの先頭に配置。次に「メイリオ」を指定して、最後にOS
9ユーザーの事を考えて「Osaka」、非メイリオ環境の人向けに「MS Pゴシック」だ。英語表記と日本語表記の両方を表記してあるのは、ブラウザの解釈相違を無くすため。出来る限り保険をかけておかないと。

ただ、上記のfont-familyを指定した場合にも、問題がある。たとえば<strong>でBoldにさせた場合、Mac OS Xで「メイリオ」をインストールしていた場合には、SafariなどのWebkitなブラウザでは、「メイリオ」のBoldが置き換わって表示されてしまう。な・・・なんだこのバグは・・・。

ヒラギノ角ゴ Pro W3 のバグ

Firefoxでの「ヒラギノ角ゴ Pro W3」のBold表示が、信じられないほど汚く表示されるのはご存じだろうか。これはMac側が「ヒラギノ角ゴ
Pro W3」のBoldのバリエーションを用意していないことに原因がある。なのでBoldで表示させようとした場合、OS側が強引にフォントを太らせて表示させてしまうため、醜くなるのだ。Webkitなブラウザの場合は、OSが「ヒラギノ角ゴ
Pro W3」Boldの代わりに「ヒラギノ角ゴ Pro W6」に置き換えて表示させるために、美しく違和感がなく表示する。

たぶん、Webkitを使ってレンダリングさせた時に、「ヒラギノ角ゴ Pro W3」のBoldを「ヒラギノ角ゴ Pro W6」に置き換えることが出来ず、「メイリオ」のBoldに置き換えてしまうためだろうと推測する。まぁ、これは明らかにWebkitが望むことではないのだから、「メイリオMac」が登場すれば、Webkit側で対応すると思う。なのであまり心配はいらないだろう。

各サイトの対応状況は・・・

既にメジャーなサイトで、「メイリオ」を指定するところが出始めてきた。まず当たり前だが、Microsoft
Windows ホームページ
。ここを訪れる人はWindows環境の人が大半なので、積極的にメイリオを前面に押し出しているが問題はない。日経BPネットも同様で、メイリオをfont-familyの始めに表記。なぜか次にMacユーザーを考慮してか、「Lucida
Grande」「Hiragino Kaku Gothic Pro」と続いている。あまりよろしいfont-familyではないが「Lucida Grande」とはなかなか粋なことをするではないか。

最後に紹介するのが、@Nifty。このサイトを見たときに、思わず叫んでしまった。というのは、bodyのfont-familyの先頭に「MS
PGothic」と英語表記・・・。

なんだこれ!!

related story