サイトマップ for Movable Type 4

Movable Type Tips サイトマップ

Movable Type 4ではアーカイブ・リストの生成機能が大幅に拡張された。今まで、カテゴリーと日別、週別、月別、年別アーカイブ・リストのみだったが、ユーザー別にもカテゴリ別にも、日付、週別、月別、年別にアーカイブ・リスト、また独自ページのURLリストが生成可能に。今回は、どのアーカイブ・リストを生成している場合にも対応した、サイトマップファイルのテンプレートを作ってみた。

※ この記事に掲載されているソースコードは、一部動作しない箇所がございました。正常に動作した最新のサイトマップのソースコードは、「Movable Typeで最強サイトマップ」をご覧ください。

Movable Type 4でのサイトマップ生成

今回生成するサイトマップのバージョンは、Googleはもちろん、Yahoo!やMSNにも対応する0.90。検索エンジン側に、「うちのサイトには、これだけページがあるから、クロールしてくれ!」と通知するファイルで、効率よくサイト内のページを検索サイトに登録することができるばかりか、検索エンジン側も効率よくページ収集でき、両者良いことずくめ。

サイトマップの構造は意外と単純に出来ている。詳しい解説は次回に回すとして、今回はサイトマップをMovable Type 4で生成する方法を紹介する。

サイトマップテンレート作成1

管理画面のテンプレートページに移動し、「インデックステンプレート」を作成する。

サイトマップテンレート作成2

1 テンプレートの名前(サンプルではサイトマップ)
2 に下記のソースを投入
3 に出力ファイル名(サンプルではsitemap.xml。拡張子は.xmlにすること)
4 保存する

ソース

※ ソースコードは最新記事「Movable Typeで最強サイトマップ」をご覧ください。

サイトマップテンレート作成3

最後にインデックスを再構築して終了だ。これで「Sitemaps 0.90」に準するファイルができあがる。上記の解説に沿って生成させた場合、生成されるディレクトリは、index.htmlと同じ場所。そこに「sitemap.xml」というファイル名で生成されている。

このサイトマップは、作っておいてあるだけでは意味がない。検索エンジンに「うちのサイトマップはここですよ」と教えてあげないと、何もしてくれないのだ。次回はサイトマップを検索エンジンに通知する方法を紹介する。

related story