Google Webmaster Tools + Feeds

Googleのサイト管理ツール「Google Webmaster Tools」のインターフェイス、機能がいつの間にか更新されていた。今までメニューは横配置だったが、縦は位置に変更され「登録ユーザーの統計情報」という項目が出現。どうやら、Googleのサービスを利用して、フィード登録したユーザー状況を閲覧できるらしい。限られたサービスからの登録だけなので、SEOに有効利用できるかどうかわからないが、ある程度の規模のサイトでは、目安程度にはなるのではないだろうか。

インターフェイスの変化

メニューが横配置から縦は位置に変更され、サブカテゴリーを展開しているときに、現在位置がわかりやすいように改良された。少しオールドな感じもするが、確かにユーザビリティを考えると、縦配置のほうが良い感じもしないでもない。

Google Webmaster Tools

Google Webmaster Tools

登録ユーザーの統計情報の追加

統計情報のカテゴリーに「登録ユーザーの統計情報」というサブカテゴリーがいつの間にか追加されていた。

サイトでコンテンツのフィードを公開している場合、iGoogle、Google リーダー、Orkut などの Google サービスを使用してフィードを登録したユーザー数がこのページに表示されます。
コンテンツの登録には他のサイトやアグリゲータも使用されるため、すべてのソースからの合計登録数はこれより多くなる可能性があります。 また、これらの統計情報には、実際に登録ユーザーがいるフィードのみが表示されます。
現在、サイトで公開しているフィードに Google の登録ユーザーがいない場合は表示されません。

つまり、Googleのサービスからフィードを所得している人の統計が取れる機能というわけだ。残念ながら現状ではSCREAMOに登録している人はいないみたいだが、他のフィード統計サービスを見た限りでは「Google
Reader」に登録してくれている人がいるので、時間がたてば表示してくれるだろう。というか、こうゆう統計サービスって、リアルタイムが要求されるはずなのに「Google
Webmaster Tools」は情報の更新が遅い。もう少し反映が早ければ、相当SEOツールとして利用できるのに。

Google Webmaster Tools – 登録ユーザーの統計情報

Google Webmaster Tools - 登録ユーザーの統計情報

Googleの書くソースは酷い

何気なくソースを見てみたら、DOCTYPEの宣言が省かれていてエラーが出ていた。そこで、Googleの他のページを調べてみたら、酷いコードばかりのページが多いことが判明。iGoogleに関しては、W3Cで推薦されていない「nobr」タグが使われているなど、思わず視線をそらしてしまうような、酷いコードばかり。Yahoo!などもそうだが、世界の検索リーダーであるGoogleがこんなことでは、Web標準なソースなんて広まるわけがない。結果、Internet
Explorerなどの標準を無視して、独自仕様バリバリのブラウザが生まれてしまうのだ。

Googleは、もう少しインターネット全体を見て、自社の利益だけではなく、業界の発展のためにも自社のサイトを見直す必要があると思うのは、自分だけだろうか。

related story