シイラ – PageDockが縦表示に対応

Exciting Macintosh Web Browser With WebKit: シイラ - Shiira

陰ながら応援している、AppleのWebKitを基とした国産ブラウザ「シイラ」に嬉しい機能がまた1つ追加された。今までウインドウ下部に表示されていた「PageDock」が縦表示に対応したのだ。このPageDockは、今日のブラウザの大半に搭載されているタブ機能を拡張したもので、ページのキャプチャとページタイトルを表示して、裏で開いているページを視覚的にわかりやすくしたものだ。

レンダリング領域の増加でより快適に

「PageDock」が縦表示に対応したことで、縦のレンダリング領域が増えた。最近のディスプレイは横の解像度が高いものが多く、大半のページの横幅が1000px以内のものなので、縦表示のほうが理にかなっている。そんな自分もワイドディスプレイを利用しているために、この対応は有り難い。ほんと重宝してます。

ただ欲を言うと、このPageDockのキャプチャの縦横比率の変更機能が欲しいところだ。同じようにタブを拡張できるSafariStandでは実現していることなので、是非機能を拡張して欲してほしい。あとは、基本的な安定性や、Safariのようにショートカットを組み合わせて実現する快適なウェブブラウジング、ブックマーク関連の機能強化など、求めるものはたくさんある。

開発は大変だと思うけど、作者さん頑張ってください。期待してます。

PageDock 左表示

PageDock 縦

縦に表示させることで、利用環境によって劇的に使いやすくなる。

PageDock 下部表示

PageDock 下部

PageDockを下部に表示。解像度が低い環境ではこちらのほうが使い勝手がよい。

タブ表示

タブ

PageDockがいまいち取っつきにくいという人へ。

related story