Google AdSense Mobile Start

Google AdSense MOBILE START

携帯サイトに表示させることが出来るGoogle AdSense「モバイル版コンテンツ向けAdSense」が開始された。Google Adwords広告が開始されてから1年少し。多少サービスインまで時間がかかったが、ようやく携帯サイトでもAdSenseが利用できるようになる。インターネット業界の先駆者Googleの提供する広告配信サービスが、携帯に降りてきたとなると事は大事。もしかしたら少しばかり携帯広告業界が揺れるかもしれない。

モバイル版コンテンツ向けAdSenseを覗いてみよう

「モバイル版コンテンツ向けAdSense」は、Google AdSenseの機能の一部という設定だ。利用するにはGoogle AdSenseへの登録が必要となる。審査から利用開始までの道のりは果てしなく長いので、未登録の人はここから気合いを入れて登録しよう。

登録済み、または登録が完了したならばトップ画面上部ののタブ「AdSense設定」を開いてみると、ページ下部に「モバイル向け AdSense」という項目が追加されているのが確認できると思う。そう、モバイル版コンテンツ向けAdSenseを利用する入り口というわけだ。設定内容は一般の「コンテンツ向け
AdSense」よりも多く、モバイル版コンテンツ向けにAdSenseを表示させるのが、通常と比べて難しいのが簡単に伺える。

携帯サイト独自の設定を理解する

モバイル向けAdSense 設定

マークアップ言語

モバイルサイトをある程度制作してきた人ならば、設定画面に表示される各専門用語は理解できるだろう。重要なのは配信フォーマットはもちろんだが、適切にサイトに表示させる基となるマークアップ言語の設定だ。モバイル版コンテンツ向けAdSenseは、3つのマークアップ言語「wml」「XHTML」「chtml」が選択できる。wmlは現在ほとんど利用されていなく、XHTMLは携帯のマークアップにしては新しすぎて適切に表示できない端末も多い。imodeで幅広く利用されているchtmlが一般的だろうか。

文字エンコード

「自動検出」でOK。ただ画像だけのページなど、ほとんど文字がないページなどで正常に表示されない場合がある。その場合はサイトのエンコード方式を選択しよう。一般的には「Shift-JIS」「EUC-JP」だが、比較的新しいサイトは「UTF-8」が用いられている場合もある。

広告コードを取得

一般のコンテンツ向けAdSenseはJavaScriptを用いて、広告を配信する。だがモバイル機器でJavaScriptが利用できる端末があまりにも少ないために、Googleはモバイル広告に限り、他の方法で配信するようにした。その配信を方法を適切にここで選択しないと正常に表示されない。

選択できるスクリプト言語は「PHP v4.3.0以降」「CGI/Perl v5.8以降」「JSP v1.2以降」「ASP v3.0以降」の4つ。PHPを利用するのが望ましいが、拡張子を変更、もしくは.htaccessを作成/変更しなければならず、少々敷居が高い。よって、一般的に普及しているCGI/Perlを利用するのがベターだろう。

広告のフォーマットの種類に疑問

一般コンテンツ向けのAdSenseもそうだが、モバイル版コンテンツ向けAdSenseでは、2種類のフォーマットしか選択できず、かなり味気ない。色の設定はできるとはいえ、デザインで見せるサイトに掲載するには並ならぬ努力が必要。確かに携帯電話で表示させる場合は、解像度がほぼQVGAに限定されるので仕方ないことだが、最近はVGA表示できる端末も多く、先を見越してバリエーションを増やすべきだ。Googleはシンプルは得意だが、デザインセンスがあまりにも足りない。シンプルデザインだけでいつまでもごまかせると思うなよ!そう思うのは自分だけだろうか。

Google AdSense モバイル広告フォーマット

related story