Internet Explorer 6での表示不具合の改善

9月下旬より、Internet Explorer 6で閲覧した場合にサイトが正常に表示できない現象が起きておりました。現在スタイルシートを修正し、同ブラウザで閲覧した場合の不具合は改善しております。大変ご迷惑をおかけいたしました。

とかいいながら・・・

実は9月下旬にサーバを移した際に「CSS Browser Selector」というJavaScriptをコピーしていなかったという落ち・・・。今日たまたまFTPでブログのコピーを作って、テストしようとした際に発見した。また、Internet ExplorerのPNGファイル表示を改善するJavaScript「iepngfix」もコピーしていなかった。ということは、Internet Explorer 6では、うまくPNGファイルが透過していなかったことになる。本当に失礼いたしました。

Internet Explorer の確認の重要性

世の中の大半の人はInternet Explorer 6を利用してWebブラウジングをしている。それは周知の事実だが、大半のWebデザイナーはInternet Explorer 7かFirefoxを利用している場合が多い。(自分の周りだけ?)
よって、確認を怠ってしまうこともしばしば・・・

それじゃあダメだ!!

本当にごめんなさい。自分のブログということで、Macでしか確認していませんでした・・・。今後気をつけます・・・。

ちなみに

現在SCREAMOは、Internet Explorer 6未満をサポートしていない。5.5を利用しているユーザーはだいぶ縮小され、7が登場したことでさらに激減すると思われるからだ。でも今回の騒動で、Internet Explorer 3〜7まで一気にインストールし、5.5でSCREAMOを確認してみた。そしたら意外と正常に表示されている。まぁ6を想定して制作していたわけだから、当たり前といえば当たり前だが、ちょっと意外だった。

よし、次から5.5もサポートしてみよう。ついでに頑張ってMac版 Internet Explorerも・・・。印刷屋とかだと、未だに使っているところがあるんだよなぁ・・・。あといい加減OS9から離れてください。事情が事情だから仕方ないけど、せめてOS10.2ぐらいにしてください・・・。

related story