携帯ブラウザの大本命 – Mobile Firefox

Mozilla Corporation - MOBILE FIREFOX

どうやらFirefoxの開発元「Mozilla Corporation」が携帯機器向けのFirefox開発計画を立ち上げた模様。これが実現すれば、携帯電話のフルブラウザや、Windows
MobileのWebブラウザ、その他様々な携帯機器でFirefoxが利用できるようになる。

Mozilla Firefox

「Firefox」といえば、柔軟な拡張性とウェブ標準基準を満たし、様々なプラットフォームに移植され、Internet Explorer一色だったブラウザシェアを塗り替えた救世主。そう、有名な素晴らしき偉大なウェブブラウザだ。現在でもブラウザのシェアを伸ばしており、Internet
Explorerの二番手に位置するまでに躍進した。

特にWeb制作者は、バグだらけでまともにWebサイトを表示する事さえ困難なInternet Explorerよりも、Web標準を意識して開発されたFirefoxを好んで使う傾向にあり、使い慣れていることだろう。また様々な機能拡張が世に溢れており、自分の使いやすい仕様にして快適にブラウズできるので、一般ユーザーでもFirefoxを利用するメリットは大きい。

2007年以降のリリースに向けて

そんなFirefoxがモバイルの世界に登場するとなれば、事は大事だ。Mozilla Corporationのやりようでは、一気にモバイルのWebブラウザシェアを獲得することが可能だと思うし、その意気込みで開発に望んでいる模様。その証拠に、モバイルの世界では有名なOpenwaveや、フランスの主要電気通信事業者のFrance
Telecomから人材を引き抜き、Mobile Firefox開発プロジェクトに投入した。

リリースは2008年以降とだいぶ間は開いてしまうが、まずはFirefoxをメジャーアップデートさせた後に、それをベースとしてMobile Firefoxをリリースする計画らしい。その頃には、モバイルWebブラウザシェアはどうなっているかわからないが、そこは長期プロジェクトが大得意なMozilla
Corporationのことだから、うまくやってくれることだろう。

今後のモバイルWebブラウザを考えてみる

iPod Touch

個人的にはMobile Firefoxへの期待は大きいが、実は気になっている存在がもう一つだけある。それはMacユーザーの大半が利用しているSafariの存在だ。Safariといえば、アップルが開発してMac
OS Xに標準に組み込まれている、いわゆるWindowsで言えばInternet Explorerのような存在のWebブラウザ。最近はiPhoneやiPod
Touchに搭載されており、モバイル化は完了している。ただ自社の製品にしか搭載しておらず、Mobile Safariは未だにブラックな部分が多い存在だ。

たとえばだ。そのMobile Safariがアップル以外の携帯端末に組み込まれるようになったらどうだろう。予想では爆発的ヒットするに違いない。一度だけiPod
Touchをさわったことがあるが、あの操作性はWebブラウザを操作しているという感じはなく、どちらかというと手の平で踊るように操作できるPDFという感じだった。拡大、縮小も直感的かつダイレクトに行えるので、サイトの全体図を表示させるところから始まり、気になる部分は拡大して見るという、今までのWebブラウザの操作方法を覆したといもいえる。

そんなMobile Webブラウザがアップル製品から離れ、世に放たれたならば、将来のMobile Firefoxのよきライバルになるに違いない。機能、拡張性を重視するFirefox。見た目、操作性を重視するSafari。

モバイルWebブラウザが面白くなってきた!

  • BLOGCHとくタネ [2007年10月15日]

    ブロッチ編集部のオススメブログを一挙公開。 過去一週間の間に、ブロッチ記者が書い…

related story