JPEG XRが普及するまでの遠い道のり

Microsoftが開発した「WIndows Media Photo」という画像フォーマットが、このたび「JPEG XR」という名称で標準化されることとなった。これまで様々な画像フォーマットが標準策定されてきたが、JPEG、GIFのレガシー・フォーマットの壁を破るほど普及したファイル・フォーマットは存在しない。さて、今回はどうだろう?

JPEG対抗フォーマット「WIndows Media Photo」

「JPEG XR」は「HD Photo」であり「Windows Meida Photo」だ。名称がややこしいが、最終的には「JPEG XR」で標準化される。Mircorosftが「WIndows Media Photo」の名称で開発していたものを、Windows Vistaの発売に合わせて「HD Photo」に改名、このたびJPEG規格の策定団体「Joint Photographic Expert Group(JPEG)」が「JPEG XR」の名称で標準化を決定したというのが今回の経緯だ。

「Windows Media Photo」は当初からJPEGにとってかわるフォーマットとして開発されていたという。利点としては、32bit(固定・浮動小数点)の各カラーチャンネルの優れた色空間とメタデータを持たせることができ、現在のJPEGのように変換すると劣化してしまう「可逆圧縮 非可逆圧縮」とPNGのように圧縮しても劣化しない「非可逆圧縮 可逆圧縮」の両方を選択でき、「可逆圧縮 非可逆圧縮」を選択した場合でもJPEGよりも圧縮効率がいいので、ファイルサイズが小さくなる。また、表示用と印刷用に複数の色フォーマットを用意できるので、環境により表現が左右されることを極力押させられる。はたしてどうゆう仕組みになっているんだろう。

どちらにしろ表示・印刷させるソフトウェアの対応に左右されてしまう点ではICCプロファイルと同じだろう。ちなみにICCプロファイル、Exif、XMPは対応し、TIFFと互換性を持たせたコンテナ構造で保存するため、デベロッパーがサポートしやすいファイルフォーマットになっている。

個人的に一番興味あるのが、全体をデコードせずに、一部分の改変が容易という点。つまりはデバイス側に負荷をかけずに編集が可能となるようだ。扱ってみないと何ともいえないが、今後出現するソフトウェアによっては、圧倒的に画像編集がよりシンプルで直感的になる可能性がある。

「JPEG XR」の普及への道のりは長い

これからの策定作業に約一年が費やされ、そこから各デベロッパーのサポートのための開発が始まる。JPEGよりも普及させるには、はじめに各ブラウザが対応しないといけず、そのためにはWindows以外のOSが対応する必要がある。果たして普及するまでに一体何年かかるのだろう。

予想では、各ソフトウェアの十分なサポート体制が整うまで最低2年。そこから一部のジャンキーな人たちが使うようになり、一般に普及するのは早くて3年。トータル6年か・・・。いやまてよ、JPEG2000のように実際に策定された規格でも、利用されずに知らぬ間に捨てられてしまった技術さえある。最低でもそうならないように、どこが頑張ればいいかわからないが、頑張ってほしいところだ。初めはユーザーの乗り換えが早いデバイス、携帯端末をターゲットにするとか、突きどころが大切です!

  • 揚げ足とってすいません;
    これ逆だと思います。
    >現在のJPEGのように変換すると劣化してしまう「可逆圧縮」とPNGのように圧縮しても劣化しない「非可逆圧縮」
    劣化しないから「可逆圧縮」というのでは・・・?

  • 三浦さん、こんばんわ。
    確かにごもっともです!!!
    て、訂正いたしますっ!

related story