Office 2008によって引き起こされるフォント・パニック

Update

MacのMicrosoft Office 2008をインストールするとメイリオフォントがインストールされる。これはWindowsのOfficeとの互換性を保つためのMicrosoftの処置だが、これによってサイトによってはフォントがメイリオで表示されてしまう現象が起こると推測される。

フォントを考えて作ったサイトの場合、スタイルシートなどにfont-family指定して、表示するフォントをサイトが定義している場合がある。大部分はWindows用に指定して制作されているので、Macユーザーにはあまり関わりのない話だったが、Officeをインストールすることによって、メイリオフォントを指定しているサイトでは、Macのインターフェイスとかけ離れたメイリオフォントが表示されてしまい、少々ダサくなってしまう。

回避方法は簡単だが


メイリオフォント

メイリオ


ヒラギノ角ゴシックProN

ヒラギノ角ゴシックProN

これは以前のOfficeをインストールして、MS Pゴシック、MS P明朝などのフォントが表示されてしまう現象と同じことだが、時がたち、サイト制作者もWindows系フォントを使う場合は、Mac用のフォントをfont-familyの一番はじめに指定して回避するようになったが、新参者のメイリオではそうはいかない。何も考えずにfont-familyの始めに指定しているサイトが多いのだ(特に小〜中規模のサイト)。非常に軽率すぎる!!

これを回避するにはMacのメイリオフォントを捨ててしまうか、アプリケーション「Font Book」で「使用停止」にしてしまえば済む。そして「Windows Office Compatible」というフォントコレクションを作っておき、Officeを使うときにコレクションを手動で「使用」、使わないときは「使用停止」にするという使い方だ。でもそれでは、あまりにサイト側に主導権を与えすぎてしまうし、非常にめんどくせぇ!!

サイト制作時にあらゆる事態を想定せよ

これはあまりに基本的なことだが、サイトを制作するときにはあらゆる事態を想定して制作しないといけない。もちろん納期やコストを考えて、どこまで対応するか考えて作るべきだが、このフォントの問題は表示する文字すべてに関することなので、超重要項目のはず。それを考えずにメイリオフォントをMacでも表示させてしまうようなサイトは、制作者のレベルが低いと言わざる得ないだろう。

最近のMicrosoftのMacチームは、Windowsとの互換性を前面に押し出しているから。さらに以前のバージョンのOfficeでも、Windows系のフォントを付属しているので、次世代Officeでは間違いなくメイリオフォントが付属するのは安易に想像できたはずだ。

なおSCREAMOでは、JavaScriptを使ってWindows、Macとスタイルシートを使い分け、それぞれにfont-family指定している。すべてのサイトでそこまですることはないが、せめてfont-familyで、Windows系のフォントの前にMac系のフォントを指定しておくぐらい配慮しておこう。

MacとWindowsのフォントの関係を考える

「もしWindowsにMac系フォントをインストールしている場合のことを考えるべきじゃないか?」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれない。たとえば、Windowsにヒラギノ系フォントをインストールしていた場合、font-familyでヒラギノ角ゴシックなどを指定していると、そのままヒラギノ角ゴシックで表示してしまい、WindowsのUIと統合性がとれなく美しくない。さらに日本語フォントだけアンチエイリアスがかかってしまい、非常に見づらく汚らしくなってしまう現象が希に起こる。これは上記に述べたように、Mac、Windowsと読み込ませるスタイルシートを分けて対応するのがベストだと思うが、一つのfont-familyプロパティで対応する場合にはどうしようもない事。

これは以前から議論を呼んでいることだが、持論を述べさせてもらうと、小さな可能性は切り捨てろ!! だ。つまり、Windowsでヒラギノ系をインストールしている環境はごく一部。正確なシェアはわからないが、制作系で利用されているPCぐらいしかないだろう。そんな特殊な環境は切り捨てるべき!! というのは、特に行き過ぎた考えではないはず。いちいち特別な環境に対応していたら、時間がいくらあっても足りないし、技術的な解決策がない場合はどうしようもない。自分のポリシーに乗っ取って、対応する範囲を設定するべきだと思うが、全国のWebクリエーターはどう思っているのだろう。

related story