Yahoo!JAPANの「サイトエクスプローラー」に登録する

サイトマップは今やSEOを実施する際には必須となっているのは周知の事実。Googleが先行して管理ツールを提供し、Yahoo!がそれに続いたが、Yahoo!JAPANの対応はかなり遅く、ようやく最近サービスが開始。MSNも同様で、Googleに二手も三手も遅れて発表となった。

検索エンジンにとって、ページインデックスはコアとなる部分のはずなのに、なぜGoogleにこれほどまでに先行を許してしまったのか。まぁユーザサイドで愚痴を言っても今更改善されるわけでもないので、とりあえずSCREAMOをYahoo!JAPANのサイトマップ管理ツール「サイトエクスプローラー」に登録した。

多機能ではないが、必要な機能を取りそろえた「サイトエクスプローラー」

Yahoo!JAPAN検索で提供する、サイトマップ管理ツールの名称が「サイトエクスプローラー」だ。ありきたりなカタカナ表記で少しばかりかっこ悪く恥ずかしくなってしまうが、Google ウェブマスターツールよりも機能が絞られている分、わかりやすくなっている。

このサービスを利用すると、具体的に何ができるかというと、

  • サイトマップをYahoo!の検索エンジンに通知し、インデックスするよう要求する
  • インデックスされたページの一覧表示
  • 被リンク元のページや言及されているブログの一覧表示
  • 検索結果に表示させたくないページの登録
  • URLのパラメータ操作

この中で一番重要なのが、サイトマップをYahoo!の検索エンジン「YST」に送信できる点だろう。大部分の人が、この機能を目的にサイトエクスプローラーを利用しているはずだ。

ちなみに、選考して開始されたYahoo!の「Site Explorer」もUIにAJAXが多様されている以外は、同様の機能を備えている。

サイトを登録

サイトエクスプローラーにサイトを登録するには、Yahoo!JAPANのIDと、サイトマップのXMLを用意する。混乱を避けるために、IDは管理用のものを作るのも良いだろう。IDを用意したら、サイトエクスプローラーにアクセスして、左側のフォームからログインして、サイト登録への準備を整えよう。

サイトエクスプローラー - サイト管理画面

ログイン後には、いきなり管理画面が表示される。この画面は登録したサイトの一覧が表示され、認証状況(後述)や、認証日が確認できるページだ。

新規に管理サイトを登録するには、グレイの吹き出しボックスの「管理サイトに追加」横のURL入力欄に、http://を省いたサイトURLを入力する。(このサイトの場合、screamo.jpと入力)

サイトエクスプローラー - 管理サイトに追加

次に表示されたページで、入力したURLが間違いないか確認して、「確認サイトに追加」ボタンをクリック。すると、最初のログイン後の管理サイト一覧ページに戻り、管理サイト一覧に先ほど入力したURLが追加されているはずだ。もしも既にYSTにクローリングされていて登録されている場合は、サイトのタイトルが表示される場合もあるので、びっくりしないように。

サイトエクスプローラー - サイト管理画面 サイト追加完了

サイトの認証

上記の方法でサイトを登録したら、次は「これは俺が管理しているサイトだ!!」と証明しないといけない。めんどくさいかもしれないが、もしもこの認証プロセスがないと、好き勝手に他人のサイトを登録して、インデックスから削除したり、パラメーター操作で好き勝手したりする輩が出てきてしまい、大変なことになってしまう。認証方法は簡単なので、めんどくさがらないで、一気にカタをつけよう。

先ほどの管理サイト一覧画面の、登録したサイトの「認証状況」のセルを凝視してもらいたい。認証プロセスを踏んでいないサイトの場合、「認証状況」のセルが、未認証と表示されているはずだ。このリンクをクリックして、認証プロセスを開始してもらいたい。

認証方法は、2通りある。トップページと同じディレクトリに、サイトエクスプローラーが指定したファイル名で空ファイルを設置する方法と、トップページに認証用のメタタグを追加する方法だ。これらはGoogleでも採用されている認証方法なので、このプロセスを経験したことがあるかもしれない。どちらもそれほど工数はかからないので、好きな方を選択すれば良いだろう。

どちらかの認証のための作業を完了させたら、「認証開始」のボタンをクリック。後はYSTがクローリングし、認証プロセスをきちんと踏んでいるか確認してくれる。

サイトエクスプローラー - サイト認証画面

サイトマップURLの登録

認証プロセスを待っている間に、一気にサイトマップURLの登録まで済ましてしまおう

ページのタブ「フィード」をクリックして、サイトマップの登録画面に移動する。サイト登録時のグレイの吹き出しに、管理サイトのURLが記載されているので、そこにサイトマップが設置されているURLを入力する。(ルートにsitemap.xmlを設置している場合、/sitemap.xmlと後ろに入力)

サイトエクスプローラー - フィードURL入力画面

なおRSSやATOMなどのフィードURLの登録でも、しっかりクロールしてくれるようだ。このような人は少ないと思うが、全ページをフィード発信している人などは、フィードURLの登録で十分かもしれない。

サイトマップを送信したら、フィード一覧部分に先ほど入力したURLが表示される。

実は一番重要なサイトエクスプローラー

以上でサイトマップをサイトエクスプローラーに登録する手順が完了した。Mission Complateだ!! だいぶ長々となってしまったが、サイトのURLとサイトマップの場所が頭に入っていれば、比較的サクサク進められるはず。どうか頑張って欲しい。

サイトマップについて取り上げているブログやサイトを読んでいると、Google Sitemapについて熱心に語り、Yahoo!JAPANについてはその次になっているサイトがほとんど。実はYahoo!JAPANのSEOは、Googleよりも重要で、サイト制作時から取り組むべきだと個人的には思う。なぜなら日本でもっとも利用されている検索エンジンは、GoogleではなくYahoo!JAPANだからだ!!

以上のことを考えると、後発となってしまったとはいえ、サイトエクスプローラーはGoogleウェブマスターツールよりも最重要、最優先で登録するべきだと思う。もちろん今後シェアを拡大して、Yahoo!JAPANを越える日も遠くはないGoogleのサイトマップ対策もしっかり行っておけば、一般標準以上のSEO対策になるのは間違いないだろう。

related story