iPhone 3G Design

iPhone 3Gがとうとう発表された。というか、発表するのはこのタイミングしかないだろうぐらい、今思うと当たり前なのだが、とりあえず無事の3G対応iPhoneの発表にほっとしている。

今朝は朝からめずらしくMacを立ち上げ、軽く無事の発表を確認し、会社でゆっくり各ニュースサイトをチェックしようと思っていたのだが・・・。
相変わらずの檄忙しさでそんな余裕もなく、やっと今になって情報収集中。いやぁ、どこのニュースサイトもiPhone 3Gの話題だらけで独自性が全く感じられないなーと思いつつ、このエントリーを書いている自分がいる・・・。うーん、とっても流されやすいなぁと改めて実感しました・・・。

デザインは変わらずしも、ホワイトカラーを追加

やはり今の可も不可もないデザインは変えてこなかった。まぁアップルらしいと言えばアップルらしいが、アップルが世の中に送り出したデザインの中では、比較的悪いほうじゃないかなぁと個人的に酷評している。iPod touch持っているけど、あまりぱっとしないしなぁ。

iPhone 3G

女性向けなホワイトカラーを追加して、バリエーションが増えた。以前どこか海外の噂サイトから、ホワイトカラーのiPhoneが流出していたけど、それとは1000倍ぐらいまともになって登場。iPod touchに見慣れたせいか、もの凄く新鮮に感じて、買うんだったらホワイトかな。

実機を観ないと何とも言えないけど、写真を見た限りはホワイトカラーは、かなりかわいい系。ブラックは相変わらずクールを気取っている。
思うに、iPhoneのデザインはカラーにより、印象が変わりすぎる気がする。これはバリエーションのインパクトを与えるのにはとても素晴らしいけれども、シリーズの統一性から考えると印象が変わりすぎるのはあまり良くないと思う。でもプロダクトの存在感が、ここに与える影響が大きい場合は、それはインパクトを与える方に傾くのではないだろうか。
それを考えると、すでに世界中から支持を得ているiPhoneのデザインは成功と言っても良いはず。プロダクトデザイナーは、そこまで考えて作っていたのかどうかわからないけど、結果的に良しならばすべて良し。Good Job!!

iPhone 3G

でも思うのは

でも、世の中からいくら賞賛を浴びようと、個人的にはこのデザインは好きじゃない。なんだかんだ言って、アップルデザインのコアな部分だけを持ってきた感じだし、おもしろみを感じない。たとえ万人に良い印象を与えるデザインかもしれないが、Macを初め、iPod(途中から万人向けになってきたけど)が初期から歩んできたデザインへの挑戦を忘れて、実現されてしまったデザインとしか思えない。

アップルは初期のアイデンティティを思い出すべきだ。売りだけにこだわる大きいIT企業は腐るほどあるが、自社のデザインポリシーを最優先にしている企業は数えるほどしかない。その中の一つが、常にアップルであって欲しいと思うのは、自分だけではないはず。アップル・スタンダードはいいけど、プラスなデザインをアップルには忘れないで欲しい。

でも、きっと買うだろうけどね。iPhone 3G。

違約金を払ってでも、MNPしてやる!!

related story