iPhoneのmixiアプリケーション – mixi

mixi

iPhoneを買い、何が変わったかというと、PCや携帯電話で全く見なかったmixiを見るようになったこと。しかも日記まで書くようになったのは、我ながら驚きだ。仕事上SNSの設置もしている身でありながら、私生活でまったく利用していなかったのも問題だが、iPhoneの何が影響してmixiにアクセスするようになったのだろうか。その答えはアプリにある。

純正のiPhoneアプリ「mixi」

Airジャケットセット for iPhone 3G

iPhoneアプリ「mixi」

このアプリは、機能的にはかなり貧弱だ。マイミクやコミュニティの更新状況や、自分の日記へのコメントの通知機能、あしあとの閲覧、日記の書き込み(写真OK)ぐらい。しかも、マイミクの日記を読もうとしてタッチすると、Safariが立ち上がり、Web上でmixiにアクセスしようとする。しかもIDとPasswordを入力しないといけないのだ。めんどくせぇ!!

だが、たったこれだけの機能で自分のSNSへ気合いを呼び戻すには十分だった模様。最近慣れ始めた、iPhoneキーボードの両手即打ちでIDとPASSは難なくクリアし、滑らかにSafariをブラウズ、タッチ(クリックと書きそうになった)を繰り返して、再びキーボードの即打ち。我ながらビューティフルだ。

最近の自分の挙動を分析すると、何かときっかけがないと動かない体質らしい。もともとめんどくさがりやなため、興味がないと何もしないが、一度興味を持って行動を起こすとのめり込む。

そう、この「mixi」アプリは、きっかけなのだ。つまり我がmixiプロセスは下記のようになる。

  1. iPhoneアプリに興味があり、気がつけばアプリを起動したい衝動になる。
  2. 頻繁に起動するために、ネットから情報を引っ張ってくるアプリ以外は飽きており、なんとなくmixi起動。
  3. 日記の更新を確認。
  4. 詳細を見ないと、罪な気がする。
  5. mixiアプリから、Safariにアクセス。

以上、とても平凡でありきたりなプロセスでした。でも、更新通知がメールの場合は、なぜか相当ダルくてアクセスしないのが不思議すぎる。

related story