GrApple – FirefoxテーマでSafariらしく!

Firefox

Firefox 3がリリースされ、Add-onの対応が整いつつあることもあり、最近はFirefoxをよく使うようになった。機能が追加できるし、レンダリングもSafariと比べても遜色がないし、何よりもMacでサイトを表示したときの、フォントが汚く描写される仕様が変更され、綺麗に表示できるようになったことが一番うれしい。しかし、納得がいかない部分が一つだけあった。それはMac標準のテーマが汚い事。開発時には「OSネイティブのテーマになる」と言っていたけれど、蓋を開けてみると粗悪な模造品という感じで登場してしまった。しかしFirefoxの良いところはテーマを変更することで、インターフェイスをガラッと変更できる事。今回はそんな粗悪なインターフェイスのFirefoxを、Safariのインターフェイスに近づけてくれる「GrApple」というテーマを紹介する。

Safariに極限まで近づけてくれるFirefoxテーマ

GrAppleはFirefox 2時代から存在していたテーマで、Firefox 3にも早い段階から対応していた。また、過去にFirefox 3ベータに強引に組み込んで使用していた事もあり、かなり長い間愛用しているテーマである。よし、前置きはいいとして、早速ダウンロードしてインストールしてみよう。

GrAppleはDeliciousとYummyの二つのバリエーションがあり、それぞれBlueとGraphiteの2カラーが用意されている。DeliciousとYummyの違いはよくわからないのでスルーするが、カラーはOS設定と同様のものを選べば、よりMacのインターフェイスに溶け込む事間違いなしだ。

GrApple
このテーマで一番気に入ってる部分は、ツールバーに追加したアイテムを、Safariっぽいボタンの中に格納して表示してるところだ。この機能のおかげで、インターフェイスを汚すことなく便利なAdd-onをツールバーに放り込める。

だが欲を言うと、カラフルなアイテムを追加した場合に多少の違和感があるので、ボタンの中身をグレースケールに変更してくれる機能が欲しかった。これさえあれば完璧なのに!

Firefoxデフォルトテーマ
Firefoxデフォルトテーマ。大部分はOSネイティブなインターフェイスだが、細かいところの詰めが甘い。

なお、このテーマはMac Firefoxのみに適応できるテーマなので、Windows、Linuxでは利用できない。

FirefoxをCaminoに近づけてくれるテーマ

Safariとは全く関係ないが、最近少しはまりつつあるのが「Camifox」という、Caminoに近づけてくれるテーマだ。GrAppleとは全く違う、カラフルなインターフェイスで若干癒し系寄り。これもMacらしいデザインなので、GrAppleが気に入ったならば、一度試して欲しい一押しのアドオンだ。ちなみにWindows、Linuxもサポートしているので、自分はWindowsのFirefoxにインストールして使っている。ちょっとばかり浮いているけど・・・。

Camifox

related story