エラーページをMovable Type + Googleで作成

Update

Movable Type

検索エンジンでキーワード検索して、サイトを訪れようとした際に、「404 Error」や「ページが見つかりません」等のメッセージが出て、目当てのページに移動できなかったことはないだろうか。大抵のユーザーは、そんなページが表示されたら、とっととおさらばして、別の情報を求めてサイトを出て行ってしまう事だろう。もし自分のサイトをリニューアルして、ページを移動、もしくは削除した場合に、上記と同様のケースは十分あり得るだろう。それを防ぐためにはエラーページをカスタマイズして、出来るだけユーザーを引き留める必要がある。もしMovable Typeでサイトを構築しているのなら、「ウェブページ」を活用して、エラーページを作ってみよう。

Google ウェブマスターツールを活用

Google ウェブマスターツール

せっかくエラーページを作るのなら、ただメッセージだけを表示するのではなく、そこからサイト内を移動したくなるようなページにしたい。トップページやページ一覧ページへのリンクだけではなく、検索エンジンの検索結果から辿ってきた人で、ページが移動したせいでエラーページが表示された場合、似通ったURLのページを表示したり、ページないのみ検索してもらえるように、フォームを設置するなどだ。

しかし、そのようなロジックを作るには時間と手間がかかり、プライベート・サイトなどで導入するのは現実的ではないだろう。そこで登場するのが「Google ウェブマスターツール」だ。

Google ウェブマスターツール
https://www.google.com/webmasters/tools/

ご存じGoogleが提供するWebマスター向けのサイト管理ツールで、Sitemapの送信などで活用している方は多いのではないだろうか。このツールの機能の1つに「拡張された404ページ」がある。これを用いると、先ほど述べたようなユーザーをサポートする機能を付加したエラーページを簡単に作成することができ、大幅に制作の手間を削減することができるのだ。

拡張された404ページ

「拡張された404ページ」の作成方法の概略はこうだ。まず、「Google ウェブマスターツール」のアカウントを持っている人はそのまま管理画面にログインする。持っていない人はGoogleアカウントでログインしてサイトマップを送信し、サイトにGoogleに通知する。Googleが認識するまで時間がかかるが、まぁ半日以内には認証してくれるはずだ。

無事にログインしてサイトが認識されたなら、次のプロセスに進もう。「拡張された404ページ」は、左メニューの「運用ツール」にある。アクセスしたらページ下のほうにJavaScriptのソースが表示されているので、それをコピーしてどこかに保存しておく。これは後ほど作成するエラーページ自体に貼り付けることで、アクセス元のデータを解析し、サイト情報と結びつけて、アクセスしてきたユーザーに有益な情報を提供してくれる基となる。

Movable Typeのウェブページでエラーページを作成

Movable Type 管理画面

管理画面からウェブページを新規作成

Movable Type 管理画面 本文入力

ユーザー第一を忘れずに

Movable Type 管理画面 メタデータ入力

ディレクトリ、ファイル名を忘れずに

JavaScriptのソースを手に入れたのなら、「Google ウェブマスターツール」とお別れして、エラーページ自体を作成するため、Movable Typeの管理画面にログインする。メニューの「新規作成」から「ウェブページ」を選択して、作成画面を開き、必要な情報を入力していこう。

ここで必要な情報は、アクセスしてきたユーザーに「このページはエラーページ」であることを伝えないといけない。なのでタイトルはもちろん、本文にもその旨を明記する必要があるだろう。

そして、「あなたが探しているページはこれですか?」「サイト内検索で、必要な情報を探せますよ」と提案するために、先ほど「Google ウェブマスターツール」で取得した「拡張された404ページ」のJavaScriptのソースをペーストしよう。構成はお任せするが、本文の後がベターだろう。「本文」「サイトマップページ」へのリンクの後に記載するのもいいかもしれない。

最後にディレクトリとファイル名を入力し、コメントやトラックバックは必要のないはずなので、チェックが入っている場合は外し、一度ページをプレビューさせて内容を確認後、問題ないようだったら保存してページを生成する。

.htaccessでエラーの際のリダイレクション先を指定

今までの行程で、エラーページの作成は完了した。しかし、これだけではサーバがエラーを返した際に表示するページは変わらない。そう、アクセスしてサーバがエラーを返す際に、今回作成したページへリダイレクションさせないと意味がないのだ。

このリダイレクション設定は「.htaccess」で行うのが一番簡潔。まず、ローカル上に何でも良いのでファイルを作成して、エディタでソースを直接書いていく。

ErrorDocument 404 /error/404.php

冒頭に「ErrorDocument 404」と入力し、半角スペース後、リダイレクション先を指定(フルパス、ルートパスのどちらかで記載)する。という具合だ。同じ要領でその他のエラーのリダイレクションできるので、必要に応じてページを作成、入力しておく。

最後にサイトのトップディレクトリに、「.htaccess」というファイルを作成して、パーミッションを604に設定(レンタルサーバの中には644を推奨しているところもあるが、問題がない場合は604が妥当)すれば、無事にリダイレクションされることが確認できるだろう。

ちなみに、SCREAMO CREATIVEもエラーページのリニューアルが先ほど完了したが、リダイレクションする際に「.htaccess」にURLをフルパスで記載したところ、Google ウェブマスターツールで書き出したJavaScriptがうまく動作しなかった。もしも動作に問題がある場合は、「.htaccess」のリダイレクション先URLをルートパス表記に変更して試してみてほしい。

ケアとしてのエラーページを

数年前から盛り上がりを見せるブログは、1サイトあたりのページ数を押し上げた。そこで頭を抱えるのが、各ページ間のリンク問題。同サイト内なら、ブログシステムが自動的にリンクを張ってくれるケースが大半なので問題はないが、外部からのリンク切れははっきり言って痛すぎる。

検索エンジンが大量のページ情報を収集しているため、どこからリンクが張られているのかを把握するのも大変なご時世。ページが移動したら、HTTP301リダイレクト設定をかけるのがベストだが、そんな手間も気力もないという人は、せめてエラーページで引き留めるぐらいの努力はするべきだろう。

それプラス、Google ウェブマスターツールのJavaScriptで、多少のスパイスを効かせたら、ある程度の人を引き留めることが出来るかも知れない。是非リニューアル等で大量のURL移動を行った後は、リダイレクション設定とエラーページで乗り切ろう。そのために、このページが少しでも役に立つことが出来れば幸いだ。

404 File not found

related story