safari extensions exhibition

ちょうど一週間前に「safari extensions exhibition」という、Safari機能拡張を紹介するサイトを立ち上げました。このブログを9ヶ月も放置している件は置いておいて・・・・・・少し紹介させていただきます。

Safari Extensions

safari extensions exhibition – 衝撃のSafari機能拡張を体感せよ
http://safari-extensions.screamo.jp/

先日発表されたアップル製Webブラウザの最新バージョン「Safari 5」に機能拡張することができる機能が搭載されたことをご存じでしょうか。ようはFirefoxのアドオンやGoogle Chromeの機能拡張のように、Webブラウザに機能を追加することができます。

もちろん今までSIMBLを用いた機能拡張方法があったのですが、開発に敷居が高く、あまり多くの機能拡張は登場しませんでした。しかし、今回搭載された機能拡張は、JavaScriptをベースとして開発できるため、より多くの機能拡張の登場が期待できます。

現在でも紹介しきれないほどの機能拡張が日々リリースされ続けており、シンプルなものから高度なものまで幅広く、しかもSafariユーザーはMacユーザーが多いために、非常にデザイン・ユーザビリティにこだわっているものが多いのです。

「これで、FirefoxやGoogle Chromeと対等に戦える。」と私は思いました。というのは、私の周りのMacユーザーは、Safariを使うかFirefoxを使うか悩んだ結果、どうしても実用性を考慮して、多くのアドオンを抱えるFirefoxを選んでいたからです。

今後Safariに多くの機能が追加できるようになれば、機能面でFirefoxを使っていたユーザーはSafariに乗り換えることでしょう。もちろんこれは、MacのみならずWindowsをご利用の方々にも当てはまるかと思います。

現在のWebブラウザの勢力図は、未だにInternet ExplorerがNo.1シェアを獲得していますが、しっかりと食いつきジワジワとIEのシェアに近づきつつあるFirefox、新参のGoogle Chromeが急激にシェアを伸ばして、第三のWebブラウザとなりつつあります。そこでFirefoxのシェアを奪いつつSafariが伸びてきたら、よりおもしろい展開になっていきそうな気がしませんか?

未来のWebブラウザの勢力図も考えると、Safari機能拡張が与える結果は、とても小さなものとは考えにくく、よりよい影響を業界全体に与えていくはずです。ただし、Safari機能拡張を探し出せるような、集約しているサイトがないと普及はせずに「ただの追加された機能」として、ほとんど利用されずに廃れてしまう事態になりかねません。「一刻も早く、より多くのユーザーに機能拡張を紹介できる場を作らないと」そう思い、この度「safari extensions exhibition」を開設しました。

見切り発車的にWordPressを用いて始めたサイトで、ほとんどカスタマイズを行っていないために、見づらい、探しにくい面があります。サーバの処理能力も十分ではありませんね。

上記の欠点を克服するべく、ただいま全面リニューアルに向けて徐々にですが準備しておりますので少々お待ちください。

それでは皆様、素敵なSafariライフを!

related story