オススメWordPressプラグイン(SEO、コアシステム編)

最近クライアントのサイトをCMSで構築する場合、特にリクエストがない限りはWordPressを選択しています。一昔前は「Movable Type!」「ムーバブルタイプ!」という声ばかり聞こえていたのですが、これも時代の流れなのでしょうか。

さて、いつかやってみようと思っていて、なかなか書けなかった「オススメWordPressプラグイン」の紹介をしていきたいと思います。詳細に書いていくと、1プラグインあたりかなりの文量になりそうなので、概要をさらっと流すぐらいに。

今回はその序章としての「SEO、コアシステム編」です。この手のプラグインは非常に数が多く、一つずつ試すにしても時間がかかりすぎるのが実情。現に私もプラグインの選定にはかなり時間をかけたと記憶しています。そして最終的にたどり着くのは、他のサイトでも紹介している大御所プラグインだったりするわけですが、やはり紹介されるプラグインは紹介される理由があるという事です。

目新しさはないかもしれませんが、既にWordPressを構築している人、これから触ってみようと思っている人、少しでも選定の参考になれば幸いと思い以下に綴ります。

WordPress Plugins

All in One SEO Pack

ホームのtitle、description、keyword、各ページのtitle、keywordの設定及び、head部分に任意のコードを差込めるプラグイン。設定できる項目が少ないように感じますが、意外とこれだけあれば大部分事が足りてしまいます。

残念なのが、投稿ページのdescriptionを自動生成する機能がうまく動作しない点。恐らく日本語処理に問題がありそうです。

この点だけ目をつぶれば、非常に強力なSEOとなること間違いないでしょう。

http://wordpress.org/extend/plugins/all-in-one-seo-pack/

Anflex GA – Google Analytics for WordPress

Google Analyticsのトラッキングコードを自動生成及びコントロールしてくれるプラグイン。Google Analytics用のプラグインは多々あるのですが、個人的には一番シンプルで使いやすいため重宝しています。

管理者のアクセスはトラッキングしないように設定可能。プロパティIDを入力するだけで動作します。

http://wordpress.org/extend/plugins/anflex-ga/

BackWPup

WordPressのコアファイルからデータベースまで、システムを運用する際に必要なファイルの大部分をバックアップすることができるプラグイン。

バックアップファイル、スケジュールを細かく設定することができるため、非常に柔軟なバックアップスケジュールを立てることが可能です。

同等の機能を搭載するプラグインは多いのですが、ここまで細かく設定できるプラグインはないのではないでしょうか。

http://wordpress.org/extend/plugins/backwpup/

Broken Link Checker

リンクエラーをチェックすることができるプラグイン。エラーが発生しているリンクを一覧表示し修正するべきページにナビゲートしてくれます。

一定の間隔でエラーチェックし、いざエラーが発生したらメールで通知してくれる機能があり、長期運用する際には、こちらも必須のプラグインではないでしょうか。

当サイトは非常にエラーが多く、まったく対応できていないため、説得力に欠けますが・・・。

http://wordpress.org/extend/plugins/broken-link-checker/

Google XML Sitemaps

sitemap.xmlを生成してくれるプラグイン。サイトが更新された際に、都度生成して各検索エンジンに通知してくれます。gzip圧縮機能や、robots.txtへの追記、記載するページのコントロールなど、非常に細かく設定することができます。

http://wordpress.org/extend/plugins/google-sitemap-generator/

Head Cleaner

<head>内の最適化を行うプラグイン。metaタグの制御や、CSS、JavaScriptの最適化、キャッシュ、統合、読込み位置の調整等々、非常に強力な機能を兼ね備えています。

コード視認性の向上や読込み速度の向上、SEOにも繋がるために、非常に重宝しています。

但し非常にテクニカルな処理を行っているため、システム・テンプレート構成により不具合が発生する場合があります。導入後の検証を心がけましょう。

http://wordpress.org/extend/plugins/head-cleaner/

KB Robots.txt

robots.txtを編集して設置することができるプラグイン。WordPressは自動的にrobots.txtを生成する機能があるのですが、挙動が不安定なのと、必要最低限の記載しかないことから、危なっかしいために重宝中。

内容を管理画面上から変更したいという人にオススメです。

http://wordpress.org/extend/plugins/kb-robotstxt/

Maintenance Mode

その名の通り、メンテナンスモードに突入させることができるプラグイン。スプラッシュページを表示させることができます。

メンテナンスモードのON/OFFや、表示文言、再開までの時間設定(表示のみ)、メンテナンスモードでもアクセス可能なページの設定や、システムのアクセス権限により、メンテナンスモード時でも内部ページにアクセス可能としたりと、非常に細かく設定することができます。

HTTPステータス・コードを503に設定できる点も素晴らしい!

ケースバイケースですが、長時間サイトを閉鎖する場合や、サイト構築途中に他人にページを晒したくない場合に威力を発揮します。

http://wordpress.org/extend/plugins/maintenance-mode/

Redirection

リダイレクションのコントロールが可能となるプラグイン。転送条件を細かく指定し管理することができます。

また、リダイレクション元のアクセス数をカウントしたり、転送条件を.htaccessから一括してインポートすることもできます。

大規模なURL変更を行った際にはもちろん、長期的にサイト運用する場合にも導入しておいた方が無難でしょう。

http://wordpress.org/extend/plugins/redirection/

Secure WordPress

WordPressをよりセキュアにしてくれるプラグイン。バージョン情報の削除や不必要なリンクタグの削除、管理画面のセキュリティ強化を行うことができます。

http://wordpress.org/extend/plugins/secure-wordpress/

WP Super Cache

WordPressのキャッシュ・コントロールをシンプルに実現することができるプラグインです。WordPressのキャッシュ機能は非常に奥が深いのですが、このプラグインは特に煩わしさを感じさせることが無く、WordPressを高速化してくれます。

但し、動的にページを生成する仕組みを静的に変更するため、ある程度の知識は必要となってきますので、導入の際にはご注意ください。

http://wordpress.org/extend/plugins/wp-super-cache/

WP System Health

WordPressが設置されているサーバ情報を、管理画面上から確認することができるプラグインです。ついつい忘れがちなストレージ容量を初め、PHPの設定情報からシステム、データベースの情報まで、必要最低限の情報を確認することができます。

必須というわけではないですが、念のため導入中。

http://wordpress.org/extend/plugins/wp-system-health/

related story