Google +1

Update

先日やっとリリースされた「Google +1」。名前の通りGoogleが市場の巻き返しを図り展開を開始した、サイトを評価するソーシャルボタンです。個人的にはTwitterメインではあるものの「コレは乗り遅れてはならない!!」と言うわけで早速当サイトにも設置いたしました。

Google +1

この「Google +1」の設置は非常に簡単。ジェネレーターがしっかり用意されています。

相変わらずGoogleらしくシンプルすぎるページ内容ですが、機能も非常にシンプル。任意のサイズを選んで右のプレビューで確認し、言語を選択しましょう。各項目を選択するたびに、リアルタイムに下部テキストエリアのコードが書き換わります。

「詳細オプション」からは、カウンターの有無や表示タイミング、JavaScriptのコールバック関数まで書くことも。設置ページのURL以外を対象とする場合も、ここから設定することができます。なかなか小刻みに調整できそうですね。

設定が完了したら、テキストエリアのコードをサイトに貼り付けて設置完了。外部のJavaScriptファイルの読込タグ、表示タグと2つに別れているので注意が必要です。コメント通りに進めてもらえれば問題ありません。

設置していて気づいたのが、Google +1は、Googleプロフィールを持っているアカウントのみ使用できるようです。設置する場合は特にアカウントは必要なのですが、クリックして「プラる」(今勝手に命名)場合に、私のアカウントは拒否されてしまいました。

原因を追及してみると、Google App管理のアカウントは現時点ではGoogleプロフィールを持てない仕様のようで、「プラる」ことができないのです。

ただ最近のGoogleは、通常アカウントとGoogle App管理のアカウントを限りなく近づけようとしているように感じられるため、Google App管理のアカウントで「プラる」事ができるようになる日はそう遠くないような。まあ希望的憶測ですけどね。

さてさて、ついに重い腰を上げてソーシャルサービスに本格参入し始めた(Buzzはなんだったんだという事は置いておいて)Googleですが、明らかに出遅れた感があります。しかし同社自慢の検索サービスと連携させていくなど、TwitterやFacebookではできないような機能を有する「Google +1」。同社が一番弱い部分でもあるソーシャルサービスの分野だけに、恐らく長期的戦略の元に構築されたサービスに違いありません。

もしかしたらソーシャルサービスの構成図が変わっていく可能性がありますね。今後の動向が非常に気になります。

related story