YES iMac!!

次期が微妙ですが、5月上旬にようやくiMac(27-inch, Mid 2011)を購入しました。半分腐っていたiMac Early 2008(2.8GHz)と比べると、恐ろしいぐらい早いし安定しています。少し自慢させてください。

iMac

BTOで購入し、色々くっつけました

今回は初めてApple StoreのBTOで購入。構成は「27インチ: 3.1GHz」をベースに以下のように変更し発注。

  • 3.4GHzクアッドコアIntel Core i7
  • AMD Radeon HD 6970M 2GB GDDR5

追加で以下のパーツを購入し増設及び設置。

SSDの設置にはビデオカード裏に強制設置させるためのマウントキットを購入し分解し改造。購入した店舗の店員さんの話だと、マウントキットは2パターンあり、27インチの場合は高い方を購入するしかないとのこと。安い方だと6,000円強、高い方は16,000円弱。渋々高い方を購入しました。

BTOの際にマウスではなくマジックパッドを選択したのですが、この操作性いいですよね。Mission Controlはもちろん、ブラウザの戻る/進むもできるし、デスクトップを一発で表示させることもできる!私はキーボードの左側にマジックパッド、右側にマウスを置いて使ってます。

余談はさておき、今回購入したiMacはどれぐらい早いのでしょうか。早速ベンチマークを取って、前のiMac Early 2008(2.8GHz)と比べてみました。

Geekbench 2

今回のためだけに(後ほど使うかもだけど)「Geekbench 2」を購入し計測しました。以下の画像は64bit環境で走らせた結果です。

Geekbench 2 ベンチマーク

恐ろしい・・・通常の3倍速い・・・。いや、通常じゃないんですけど、過去のiMacと比較して3倍以上のスコアをたたき出しています。

概要だけではわかりづらいと思いますので、興味のある方は以下のURLにて詳細をご確認ください。

Disk Speed Test

ディスク性能を計測するため、「Disk Speed Test」という名のフリーのベンチマークアプリにて計測。このアプリは永遠と性能を測り続けてしまい、都度スコアが変わってしまうために「だいたいこれぐらい!」でキャプチャしました。

Disk Speed Test ベンチマーク

左が「iMac Early 2008(旧機種)」で、右が「iMac Mid 2011(新機種)」です。

さすがすぎます。やはりSSDを増設したおかげでかなり速度(特に書き込み速度)が向上しています。ちなみに今回はPLEXTORのSSD高性能モデル「PX-256M3P」を増設し、そこにOSとアプリ、主要ファイルを置き利用しているのですが、言葉では言い表せないほど早いです。

以前はIntelのなんとかSSDを使っていたのですが、2年ほど使った後に速度が落ち、よくプチフリを起こすようになったため、本来はもう少し速度が出ていた気もします。それでも240MB/sも出ていたんですね。計測して少しびっくりしました。

Xbench

Xbench ベンチマークiMacをセットアップした後に気づいたのですが、「Disk Speed Test」ではランダムライト/リードが計測できていない気がして、「Xbench」というベンチマークアプリでも計測してみました。なお、この時点で旧iMacは初期化して戸棚の奥にしまったために出すのがめんどくさく、新iMacのみのベンチマークになります。

旧機種のスコアがないのと、私自身の知識がないため何とも言えませんが、体感的にもう少しライト速度が高い気もしますが・・・。

まあとにかく結果オーライ!満足ならそれでいいじゃないですか!


なお、今回はベンチマークに比重を置きレビューしましたが、そのほかでも様々な点で新iMacの凄さを見せつけられました。

特に解像度。「1920×1200」から「2560×1440」に向上したおかげで、ブラウザを二つ同時に表示できるようになり、利便性がかなり向上し生産性が高まりました。実は27インチで「1980×1024」の外部モニタ(LG)をWindows用に使っているのですが、この新iMacに慣れてしまうと解像度が足りなく感じてしまい、さらには1インチごとのドット密度が低くなるため、特にテキストが酷く醜く感じてしまいます。そのためiMacとLGの外部ディスプレイは繋ぐのを断念しました。こんな汚い画面でMacを使いたくない!

ディスプレイの色温度は旧機種よりも高くなり、一般の外部ディスプレイに近くなった気がします。紙の仕事を行う場合は少し問題なので、別途プロファイルを作成してしのぐとして、Web製作環境には最適な温度じゃないでしょうか。(現状は目視のみなので確信はなし)

最後にVRAMを2GBにしたせいかわかりませんが、Photoshop、Illustrator、inDesignを常時起動してMission Controlでブワッとさせても、旧iMacで起こっていたカクカクがなくなりましたし、何よりも32GBのメモリが使い切れなくて困るほど。

1年前のモデルといえど、投資に30万弱かかりましたが、「これで5年使うと思えば安い方」と自身に納得させています。。(間もなく発表されるであろうiMacと比べると考えが変わるかもしれませんが)

それにしても、ほんとBTO発注から到着の間に新型iMacが発表されなくて良かった・・・。

related story