開発者用カラーピッカー「Developer Color Picker」

Macのカラーピッカーは標準でも十分な機能を有していますが、Webやアプリ開発をするには少しだけ物足りない感があります。それを補完してくれる開発者向けに便利な機能を追加したカラーピッカーがPanicから公開されていました。

Developer Color Picker

インストールは通常のカラーピッカーを追加するのと同じで、解凍後のファイルをライブラリの「ColorPickers」に追加するだけです。

開発者用のカラーピッカーは数多く発表されていますが、この「Developer Color Picker」は「多くの機能を詰め込みまくりました」というよりも「シンプルに扱いやすく機能をうまくまとめました」という感じ。

カラーが選択されている状態でプルダウンでカラーコードのタイプを選択して、「Copy」または「Copy with Declaration」を押すだけでクリップボードに転送されます。もちろん同タブに表示されているカラースライダーでも調節可能。

カラーコードは以下のタイプから選択することができます。

  • NSColor
  • UIColor
  • CGColor
  • Hexadecimal(RGB 16進法)
  • RGB
  • HSL

個人的には特に機能不足は感じず(まあHTMLやCSSで使う「Hexadecimal」「RGB」「HSL」ぐらいしか使わないのですが)、欲を言うとオプションとしてApple標準の円形のカラーチャートが常時表示されていれば、より便利だったかなと思うぐらい。

開発者向けのカラーチャートをお探しの方は、一度お試しになってみたらいかがでしょうか。

related story