オススメWordPressプラグイン – 2014年リニューアル版

オススメWordPressプラグイン - 2014年リニューアル版

つい先日、当ブログのリニューアルが完了しました。今回はサーバを一から構築し、Webサーバはnginxを採用。その上にWordPressを導入し、テーマも「Twenty Fourteen」をベースにガツガツ改造して、プラグインも半分ほど見直し・・・と、記事以外はほぼ一から作り上げた感じです。(ロゴも若干変えていたり)

それぞれの制作や導入する際に、数多くのネタは少しずつ書き綴っていこうと思いますが、本日はその第一弾として、今回導入したWordPressプラグインを紹介していきます。

コンテンツ系プラグイン

WordPress Popular Posts

Wordpress Popular Posts
当ブログでは、左サイドバーに表示

アクセスが多い記事をピックアップして表示することができるコンテンツ表示型プラグイン。

テンプレートに関数を記述することで簡単に表示させることができるため、テーマをガツガツカスタマイズしたい人には最適でしょう。パラメータを設定することで、非常に細かく表示形態を変化させることができるのも非常に魅力的です。もちろんWidgetとしても表示できるため、初心者〜上級者まで利用できるプラグインといえるでしょう。あと、ある程度日本語化されているのもポイントですね。

プラグインの設定画面より、24時間・1週間・1ヶ月・累積(全期間)ごとに区分けしてアクセスが多い記事を表示することができるため、ちょっとしたアクセス解析的な機能も備えています。

WordPress Related Posts

WordPress Related Posts
当ブログでは、記事ページの下部に配置

記事に対して、似通った記事リストを表示することができるプラグイン。よく記事の最後に「関連記事」等が記載されていますよね。それを簡単に実装することができます。

あらかじめ準備されている8つのテーマから表示方法を選択するだけで掲載でき、さらに掲載数、コメント数、掲載日、サムネイル画像の有無などの設定や、カスタムCSSを記載することにより、よりお好みの表示にカスタマイズすることが可能。

掲載箇所は自動で記事ページの下部に配置されますが、テーマファイル直で関数を配置することで、任意の箇所に掲載することもできるため、カスタマイズ大好きな人も安心して導入できますね。もちろんWidgetとしても配置することができます。

SyntaxHighlighter Evolved

記事中にソースコードを記載した場合に、ソースコードの種類に応じて色づけを行ったり、コピペしやすいようにソースコードだけが記載されたページを新規ウインドウで表示したり、ソースコードのみ印刷できたりと、クリエイティブ系ブログならば必須のプラグインです。

<html>
<head>
 <title>SyntaxHighlighter Evolved</title>
</head>

<body>
 <div>
 <p>こんな感じで表示されます。</p>
 </div>
</body>
</html>

特定の表記を行うことで、上記の枠のように表示させることができ、デザインも数種類から設定することが可能と、なかなか細かいところまで手が届くプラグインとなっています。

Disqus Comment System

DisqusWordPressのコメントシステム自体を「Disqus」というオンラインの高性能コメントサービスに置き換えてしまうプラグイン。Disqus、Twitter、Facebook、Googleアカウントで認証しコメントすることで、SNSと連携させたり、コメントに対する返信がついた場合に通知されたりと、非常に高性能なのが魅力なサービスです。

個人的に便利だなと思うのは、Disqusのコメントフォームを複数のサイトで利用した場合、後にDIsqusサイト上でログインしてタイムラインで自分のコメント状況がわかる点です。Disqusを利用しているユーザーをFollowして活動状況を確認することもできるなど、ちょっとしたSNSみたいな機能を搭載している点も注目です。

TinyMCE Advanced

TinyMCE Advanced
TinyMCE Advancedの設定ページ

WordPressの作成ページに配置されているビジュアルエディタをより高性能なものに置き換えてくれるプラグインです。非常に高性能なため、全機能を扱えるように全てのボタンを配置してしまうと、多すぎて逆に使いにくくなってしまうほど。なので、設定である程度自分がよく利用するボタンのみを登録しておくことをオススメします。

個人的にテーブルを作成する場合に、このプラグインの真価を発揮すると思います。Dreamweaverほどではありませんが、非常に直感的にテーブルやセルを調整することが可能。DWのように余計なタグをはき出さないのも魅力です。

Breadcrumb NavXT

「パンくずリスト」「トピックスナビ」と呼ばれる、ユーザーが今閲覧しているページがサイトではどの位置にあるのかを表すツリー構造を作成してくれるプラグイン。タグの構造や、自動表示されるテキスト表記等を細かく設定することが可能。

SEO効果があるために、是非導入しておきたいプラグインです。

キャッシュ・高速化系プラグイン

W3 Total Cache

言わずと知れたWordPress最強キャッシュプラグインです。ページキャッシュからデータベースキャッシュ、オブジェクトキャッシュ、さらにはHTML・CSS・JavaScriptの圧縮やCDN、Reverse Proxyの設定までも行うことができます。

それぞれの設定は非常に細かく行うことができ、キャッシュには導入しているPHPアクセラレータを設定することも可能。ちなみに当ブログはXCacheやMemcache、APCを導入してストレステストを行い比較したところXCacheが一番高パフォーマンスを発揮しました。サーバ状態やWebサーバの種類などでこの辺大きく変化すると思いますので、一番適切なアクセラレータをこのW3 Total Cacheを導入して見定めるのもよいでしょう。

WP Hyper Response

Stocker.jpのなつきさんが作成した、WordPressのレスポンスを向上させるプラグイン。

このプラグインをオンにすると、WordPressサイト及び管理画面のヘッダ(CSSファイルを読み込んだ直後)にPHPの flush() 関数を実行します。
flush() 関数はPHPのバッファを吐かせる関数です。

WordPressを高速化するプラグインを作りました | Stocker.jp / diary
 より

どちらかというと、管理画面がサクサクになるために、ログインしてごにょごにょやる人には目から鱗のプラグインだと思います。

SEOプラグイン

WordPress SEO by Yoast

SEO系のプラグインと言えば「All in One SEO Pack」が有名ですが、文字化けしたりDescriptionが表示されないなどの不具合が複数のWordPress上で確認したため、代替となるプラグインがないかと探し回り発見したプラグイン。

ページやページタイプごとのタイトルやMeta Description、Meta Keywordsの設定はもちろん、OGPタグ、Twitter Card、Google Publisher Pageの記述を行うソーシャル設定やパーマリンクの調整、RSSの編集。当サイトでは他のプラグインで代用していますが、XMLサイトマップ、パンくずリストの生成、各ウェブマスターツールのVerificationコード記載など、非常に多くの機能を搭載しています。

個人的には「All in One SEO Pack」よりも高性能で今のところ不具合が発生していないため、今後の構築はこのプラグインを導入していくつもりです。

Google XML Sitemaps

XMLサイトマップを生成してくれるプラグイン。優先順位(priority)、更新頻度(changefreq)、記述するページ、除外するページ、WordPress管轄外のページの記載等、細かく生成するサイトマップを設定することが可能です。

セキュリティ・メンテナンスプラグイン

iThemes Security

開設しようとすると分厚いマニュアルができてしまうのではないかと思うほど、機能が詰め込まれたセキュリティー対策プラグインです。現システムの問題箇所の指摘から解決まで行えるため、どれから手をつけたら良いかわからない場合でも順を追って対策していくことができます。

Broken Link Checker

リンク切れを起こしていないかどうかをリンク先をチェックし、リンク切れを発見した場合はメールで通知させたり、リンク切れを起こしている要素に任意のスタイルを自動的に適応させることができるプラグイン。

リンクのチェック対象や種類、チェック間隔、チェックする際のサーバ負荷、エラー判定までの読み込み時間等、非常に細かく設定することができます。管理画面よりリンク切れを起こしているリンクを一覧表示させ直接URLを修正したり、リンクを解除させたりすることができるため、非常にメンテナンスしやすく、過去記事が大量にあるサイトは非常に重宝することでしょう。

Redirection

主に特定のURLへのアクセスを別のページにリダイレクトさせるプラグイン。ピンポイントでURLをリダイレクトさせたり、ルールにのっとってリダイレクトさせたりすることが可能です。さらにそれらのアクセスをログに残しておくことで、統計を取ることもでき、様々な用途に利用できるプラグインです。

その他のプラグイン

Jetpack by WordPress.com

Jetpack by WordPress.com便利機能詰め合わせ的な、WordPress.com提供のプラグイン。アクセス解析やSNS自動投稿機能、コンタクトフォーム生成機能等、かなり実用的な機能がパッケージングされています。

Google Analytics by Yoast

アクセス解析ツール「Google Analytics」のトラッキングコードを追加することができるプラグインです。

Woopra Analytics Plugin

アクセス解析ツール「Woopra」のトラッキングコードを追加することができるプラグインです。Google Analyticsと二重に解析しているため、導入しています。


以上、当ブログ導入プラグイン一覧でした。こう書いてみると、なかなか長くなってしまうものですね・・・。

  • このコメントにTwitter上でRTしたりするとそれがこのコメント欄に反映するんでしょうか?

related story