ついにリリース! WordPress 4.0

WordPress 4.0

8月中に公開される予定で開発されていた「WordPress 4.0」が、本日ようやくリリースされました。

更新点は、上記ページやダッシュボード左上のWordPressロゴをマウスオーバーで表示される「WordPress について」から確認できますが、主に以下のとおりです。

  1. 言語パックの導入
  2. メディアライブラリの改善
  3. エディタのoEmbed対応及び、対応サイトの追加
  4. エディタのサイズが入力行に応じて追従するように変更
  5. プラグイン検索画面の変更
  6. 細かい追加機能及びバグフィックス(Codexをご覧ください)

個人的には、1の言語パックの導入が興味深いです。WordPressのインストール時に利用言語を選択し、選択した言語パックがダウンロードされてインストールされるというロジックになります。また、それぞれの言語パックもコアファイルとは別にアップデート等が配布されるようです。(開発バージョンも、コアと言語パックは別々にアップデートがかかっていました)

コアと言語パックが別々になることで、各国にローカライズされたWordPressを準備する必要がなくなると思われるため、運営側も負担が軽減されるのではないでしょうか。

今回でバージョンが「4.0」となることで、メジャーアップデートと思われがちですが、その他はそれほど目立った変更はありません。地味に改善が進められている感じです。(でもメジャーアップデートと呼ばれるらしいです)

さて、次は「4.1」ですか。どんな追加機能・改善があるのか楽しみですね!

related story